忍者ブログ

赤い惜しむ

日々思君不见君

それゆえに

テーマ:ブログ
劇作家のオスカー・ワイルドの言葉に、
「仮面は、素面よりも多dermes 脫毛價錢くを語る」
というのがある。

「素面というのは、本当の意味でその人のありのままを表わしていない。
むしろ、素面で語るとき、一番自分自身でなくなる。

彼に、仮面を与えよ。
そうすれば、彼は、真実を語るであろう」
と結んでいる。

仮面と言dermes 投訴えば、
ガイ・フォークスの仮面が、最近、ウォール街の抗議デモや
アノニマスなどの抵抗や示威などの時に登場する。
そのメンバーたちは、ガイの仮面をつけることによって、
かえって、自分たちの本音を伝えることができるのかもしれない。


匿名で書き込むネット掲示板は、一種の仮面の世界ということが出来る。
匿名という仮面を与えられdermes 激光脫毛る環境の中では、
真実や本音に相当する言葉を言うことになる。
それゆえに、
ネット掲示板では激しい中傷合戦にもなったりすると言える。
直接顔を出さないものには、本音が出てくるもののようだ。


ある種、メールなどというものも仮面かもしれない。
その仮面をつけると、
素面では決して言えない本音をポロリと言ったりする。


今日のニュースに、"J" 短期大学の学長が、
教え子の女子学生に深夜と言わず、早朝と言わず
好意をほのめかすメールを60通送信したという。
受け取った女子学生からの相談が学校にあり、それによって発覚し、
解職となったそうだ。

この学長、
いくらなんでも、本音 出し過ぎやっちゅ~ねん!!
PR

コメント

プロフィール

HN:
赤い惜しむ
性別:
非公開

P R