忍者ブログ

赤い惜しむ

日々思君不见君

無音の日、無音の寒い


無音の故郷、無音の川、無言Pretty renew 傳銷の私に包まれている。私は無力されて、束縛される、迫られている。私はしかたなく、もっと無力。音もなくて私の心。

北方の冬はそろそろ木曜日21だろう、同様に寒い。

ところで、「やはり一番寒甚だしい、どのて梅が香」、これも私の冷たい風が中晨から登校して学期末試験の準備なんて裏返しであろう。私は苦笑を笑って、なぜこんなに人はどうですか?

今にも期末テストも押し迫った人?極まりない十分、骨身を惜しまず奮闘、徹夜で勉強するではなく、緩み半分。そして私は、ああ、私reenex膠原自生勉強が好きですか?とにかく、ここからでしょう、あなたと心を通わす。

手の作業はまだ書き上げ、注意力は窓の外の株紅梅に惹かれて。雪の冬に、遠くに見える痕跡がこの血の赤、そうな。以前、何も知らないため大雅、今、まだ見当がつかない。でも、私はすでにだんだんわかる自分さえあれば、行かない工夫を凝らして他人のまねをしましたが。梅の花のようで、春夏の際の競演、流されて;それそれ、唯、冬の寒さの中では傲然として、一人で道を切り開く、日もとつかみかかるの誇り。覚えがある言葉は「人があってはならないのはプライドが無硬骨」を可能にするのは、私たちのような梅のような人だろう。私は箍牙急に目をじっと見つめている真っ白に一抹の赤、しきりに思索。

時は流れて、回を眺めている手待未完成の作業、胸にしきりに笑うと、片時もにっこりする。曰:今年の冬、私も流されての宿題や復習の中、大風俗一番した。
PR

コメント

プロフィール

HN:
赤い惜しむ
性別:
非公開

P R