忍者ブログ

赤い惜しむ

日々思君不见君

彼岸にて「魂」を思う


ウラン・ウデには、ロシア人が6割、ブリヤート人が3割、それ以外の民族が1割、
居を構えているそうだ。
ブリヤート人の墓園。
ロシア人ガイドさんによると、
「ロシア人は年に一度、墓参りをする。
 ブリヤート人は墓参りをしない。
 埋葬時に立ち会うだけ。そこにいるのは、男性だけ。
 女性は絶対行ってはいけない。
 これから身籠る身体に、差しさわりがあるといけないから」
ということである。
遠目にも、参拝をする習慣がないのがわかる。人の気配がまるでない。
日本人には、先祖供養という習慣がある。
私も割とマメに墓参するほうだと思う。
しかし、亡き人の骨に、その魂が宿り続けると思っていない。
もし骨に思念が残るなら、幼いころ投げ捨てた乳歯の数々にも、私が宿っているはずだ。
歯科医院には、たくさんの霊が犇めいているはずだ(怖い妄想である)。
しかし、そんなことはない。
私は、魂を考える時、蝉の抜け殻を連想する。
大事なものは、もう飛び立っていった――そんなイメージをもっている。
墓の中でなく、故人を偲ぶ想いに宿るのだと思う。
仏壇であれ、墓前であれ、遥拝であれ、想えばつながる。
先に旅立った大事な人たちを思いつつ、再びの邂逅まで、前へ進むことを心の内で語る。
それが、私の魂に対する向き合い方。
PR

コメント

プロフィール

HN:
赤い惜しむ
性別:
非公開

P R